読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

服部文厚の"Guitar et Cetera"

日常思うがままに…語りたいときに

実はハズレ弦ではない?

クラシックギターの弦は所詮真円になってないからいい加減なものである…よって調弦なんか合う筈がないと…

言われますが…

 

一概にそうとも言えないんだよね。

私は自分のギターのサドルとナットにちょっと細工を施して写真の弦を組み合わせて張っているためハズレはまず無い。

 

f:id:spicemania:20170429234241j:image

 

要は押弦した際の歪みがメーカーや種類によって違うわけで…ギターの側をそれに合わせれば良い訳。

 

バラツキの少ないアイテムを選んでそれにギターの方を合わせる。

 

大事なことはバラツキの多いアイテムを選ばないこと。

 

一つ例に出すと、カーボン弦はナイロンと性格が大きく違うためギター側ではどうにもピッチを合わせる対処が出来ないし実はバラツキも多い。

よっては私は使わないなぁ。個人的には音も好まないしね。

まぁ、好みはいろいろありますから好きな弦を張ればよいのですが。

 

気づいている人はいるかもしれないがメーカーによって高音弦のバラツキが少ないとか…低音弦の質が良いとかあるので。

 

まぁ、写真はその結果でございます。

 

伊達に仕事で日に何本もギターの弦張り替えたりしてませんよ。